間違えない外国人採用のツボ

によって

日本の会社の多くが、自分の会社に合った外国人の人材を探すことに難しさを感じています。海外の人材マーケットと異文化の違いに対する理解の不足が、外国人スタッフの採用を難しくしているのです。

採用企業の皆様がもっとも理想の候補者が採用するために、ガイジンポットの求人広告を最大限に活用するためのポイントをいくつかここでご紹介したいと思います。

目に留まる求人広告

数多くの求人広告の中から、求職者がそれぞれの募集内容を読むのに費やす時間はわずか数分。

あなたの求人広告に目を留めてもらうためには、正確で、わかりやすいヘッドラインを載せることが重要です。詳細は募集内容の中により詳しく記載できます。また、日本人向けの求人広告でおかしな日本語が入っていると求職者が採用企業に対して不審に感じるのと同じく、英語での募集広告も、ネイティブスピーカーにとってわかりやすい英語で記載することが必要です。

応募にひと手間

応募者を絞るためのカギは、応募プロセスを少しだけ手間がかかるものにすることです。履歴書の使いまわしを防ぐために過去の仕事の経験の具体例を履歴書に書くよう指示したり、カバーレター(添え状)に志望動機などを記載を必須にすると効果的です。

求職者が履歴書に費やす時間が長ければ長いほど、応募意欲の高い候補者からの応募が期待できます。

仕事の選択肢

求職者の多くはすでに日本で仕事を探した経験があります。給与以外に仕事を通じてえられる経験や福利厚生など、あなたの会社で働くことのメリットを説明することで、より魅力的な募集広告になります。

関連の投稿

2014年06月03日

壊しちゃった!あなたならどうする?

中村 まゆ によって

2013年10月07日

Hello!

ガイジンポット によって